40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】

      2016/11/16

1x1.trans 婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】
皮膚から有毒な化学物質が吸収されてしまうことを「経皮毒」と呼んでいますが、この経皮毒は、増えている婦人病の原因ではないかと警鐘を鳴らす産婦人科医がいらっしゃいます。ここでは、経皮毒の危険性をご紹介しましょう。

知っておけば身を守れる!経皮毒の危険

1x1.trans 婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】
経皮毒は、毎日使うシャンプーや石けんなど、特に洗浄する日用品や、化粧品にまで含まれています。以下の経皮毒の危険性を上げていますので、注意すべき点と対策を知っておきましょう。

①痛みも刺激も感じないため、危険性の自覚がない。


【対策】
経皮毒のことを知り、日頃から使うもの、特にシャンプー、リンス、石けん、台所用洗剤、洗濯用洗剤、化粧品、クリーニングなど、肌に直接触れる可能性のある日用品を買う時は、成分表示に気をつけましょう。

②皮膚から吸収された有害化学物質は、自然代謝では解毒されない。


【対策】
口から入れたものと違い、経皮毒によって吸収された物質は解毒されず体内に蓄積されやすいのです。つまり、最初から身体に入れないことが大事です。

③経皮毒による有害物質は血液やリンパ液にのって体内をめぐる。


【対策】
皮膚から吸収されるので、血液やリンパ液に吸収されやすく、全身をめぐってしまいます。これも最初から体内に入れない努力をしましょう。

④経皮毒となる物質には、環境ホルモンや発がん性物質だと疑われるものがある。


【対策】
環境ホルモンは、特に婦人病を引き起こす可能性が高く、女性特有の乳ガンなどの増加の原因のひとつではないかと考えられています。どの成分が有害なのか、知っておくと避けられます。

⑤化学物質の吸収量、蓄積量、排出量がわかりにくく、実態がつかみにくい。


【対策】
はっきりと科学的に証明されてはいないけれど、明らかな実体験として産婦人科医師も警鐘を鳴らすように、近年の婦人病の増加には経皮毒の関与を疑わざるを得ません。実態がつかめないからと言って、危険が「ない」訳ではないことを知っておきましょう。

1x1.trans 婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】
今回は、経皮毒の危険性とその対策についてご紹介しました。PART2では、月経の異常などから婦人病やその原因を探ってみます。

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】 

49

 - 婦人病, 経皮毒 ,

『婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

婦人科を受診するのは勇気がいる?早期発見が重要なカギ!
婦人病が増加している背景とは?①

婦人科系の病気は、年々増えており、しかも10代等、年齢が若いうちから発症すること …

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性 …

現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?
現代の大人は胎児期に汚染の影響を受けている?

高度経済成長期の日本、つまり今から30〜40年ほど前は、現在の中国のように大気汚 …

経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?
経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

皮膚の強力なバリアをくぐり抜け、皮膚から浸入する経皮毒。ただし、この経皮吸収は、 …

その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう
その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう

妊娠した理由以外で婦人科を訪れることに抵抗がある女性は少なくありません。 恥ずか …

女性の社会進出と婦人病の増加の関係性とは?
婦人病が増加している背景とは?④女性の社会進出

またまたショッキングなタイトルですが、女性の社会進出が本当の意味で普通になったの …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?②

経皮毒とは、皮膚から有害物質が吸収されてしまうことですが、身体の場所によってその …

bi_089_01
薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

病院で処方される薬、何の疑いもなく飲んでいませんか? もちろん生活や命を脅かす症 …

もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情
もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情

日本は、水道水がそのまま飲める、世界でもまれにみる水質を誇っています。 が、もう …

0代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化
30代で閉経する人も?!閉経や更年期障害の若年化

性の早熟化と同じように、閉経や更年期障害にも若年化が進んでいます。 早くに生理が …