40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

      2018/06/05

1x1.trans 経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?
皮膚の強力なバリアをくぐり抜け、皮膚から浸入する経皮毒。ただし、この経皮吸収は、状況や要素によって吸収のされ方が変わることをご存知でしたか?

部位によっても違う経皮吸収ですが、周りの要素によっても吸収のされ方が違うのですね。

できるだけ経皮吸収をされないよう、知っておくと有利です。

経皮吸収に影響を及ぼす要素

場合によっては、同じ量の毒素でも、状況によって吸収のされ方が違います。経皮吸収に影響を与えてしまう要素をご紹介しましょう。

①分子の大きさ

化学物質の分子量(分子の大きさ)によって、皮膚に侵入する速度が変わってきます。つまり、分子量が小さいほど吸収されやすく体内に侵入しやすいということです。「ナノ化」などよく見かけるようになりましたが、注意した方がいいでしょう。

②量

ここで言う量とは、皮膚の表面の面積です。つまり、皮膚表面で硬く物質に接触する部分が多いほど、吸収速度は速くなります。しかし、ある一定の量になると速度は上がらないことも報告されています。お風呂など、ほぼ全身に洗浄剤を付ける場合は気をつけましょう。

③濃度

化学物質の濃さです。濃度が高いほど、吸収される量は多くなります。

④化学的特性

化学物質の特性によって、吸収される量に違いが出る場合があります。例えば、脂溶性かどうか、ph値、電離状態、化学構造などによって経皮吸収量が変わってしまうのです。わたしたちが化学特性を知ろうと思っても難しいですが、興味があれば調べてみてもいいですね。

1x1.trans 経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

⑤部位

角質層の厚い部分では吸収されにくく、角質層が薄い部位では経皮吸収されやすくなります。つまり、足の裏などは吸収量が低く、角質層のない粘膜部分(口内、性器など)では吸収量が高くなります。

⑥皮膚温度

皮膚温度が高いと、化学物質の透過性が高まることが言われています。特にお風呂では皮膚表面の温度が上がり、さらに洗浄剤を使用するので注意しましょう。
1x1.trans 経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

⑦加齢

子どもは成人に比べて吸収しやすく、副作用も強くなります。また、加齢して老年になるとまた透過性が高いなります。

⑧角質層の水分量

角質層の水分量が高いと、吸収量も高くなります。

⑨損傷や病変

キズや皮膚疾患を起こしていると、角質層バリアが働かず吸収率が高くなります。

⑩化学的処理

合成界面活性剤やプロピレングリコールなどの化学物質によって、吸収が促進されることがあります。

⑪環境

外界の温度、湿度、接触条件などにも影響を受けることがあります。

結構たくさんの要因がからんでくるのですね!知っていると知らないでは大きな差になってしまいますね!

127

 - 経皮毒 , ,

『経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?②

前回は、私たちの体内に化学物質が取り込まれる3つのパターンをご紹介しました。この …

bi_081_01
現代人に見られる異常は「継世代毒性」?

母親から子どもへ引き継がれてしまう毒性は、孫の代にまで及んでいます。 特に環境ホ …

女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話
女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話

女性ホルモンって、一生のうちにスプーン一杯分しか分泌されないらしいのです。 そん …

bi_066_01
経皮毒は毎日何度も使う「日用品」から侵入する!!

皮膚から有害物質が入り込む大きな理由は、毎日使う日用品です。 1つだけでなく、朝 …

入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点
入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点

経皮毒を吸収しやすい部位があることは、以前にご紹介しました。それだけではなく、経 …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品 …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …

婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!
婦人病の原因は、母親から受け継いだ有害物質かも?!

  妊活中、妊娠中の方にぜひ知っておいていただきたいことがあります。そ …

乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

環境ホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っていることは、何度もご …

コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?
コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?

なんとなく肌によさそうな「コラーゲン」や「ケラチン」。確かに皮膚にコラーゲンは存 …