40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!

      2016/11/16

1x1.trans シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!

日本では、ほとんどの女性が毎日髪を洗っていますね。
特に若い頃は1日2回シャンプーする……、なんてこともありませんでしたか?

実は、頭皮も皮膚の一部であり、しかも化学物質がとても吸収されやすい部位なのです。日用品の中でも、シャンプーに気をつけていただきたいワケをご紹介します。

どうしてシャンプーが危険なの?

1x1.trans シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!

髪の毛が生えているので自覚しにくいのですが、頭皮は角質層が薄く、バリアー機能が他の部位よりも弱いのです。

そしてほとんどのシャンプーには、合成界面活性剤はもちろんのこと、台所用洗剤よりも多くの有害化学物質が使われているのです。シャンプーするたびに、ただでさえ薄いバリアーを、強力な合成界面活性剤で破り、有害化学物質を皮膚から吸収させていることになるのです。

しかも、有害物質は体内に蓄積します。主婦湿疹やアレルギー性皮膚炎は、蓄積した有害化学物質が個人の臨界点に達したときに発症するといわれています。

毎日使うシャンプーが、少しずつ有害物質を貯めているとしたら……。今すぐ、シャンプーの成分表をチェックしてみましょう!

【シャンプーに表示されている主な有害化学物質】

1x1.trans シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!

・合成界面活性剤
ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸Na(SLS)、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸Na、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩(AES)、パレス・ベヘネス(ポリオキシエチレンアルキルエーテル・AE)

・保湿剤、乳化剤
プロピレングリコール(PG)、ジエタノールアミン(DEA)

・防腐剤
安息香酸、安息香酸塩

・酸化防止剤
エデト酸・エデト酸塩(EDTA・EDTA-2Na・EDTA-4Na)、ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)

・着色料
タール系色素(赤色○号、青色○号など)

【リンスに表示されている主な有害化学物質】

・合成界面活性剤
塩化アルキルトリメチルアンモニウム、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩(AES)、セテス・ベヘネス(ポリオキシエチレンアルキルエーテル・AE)

・保湿剤、乳化剤
プロピレングリコール(PG)

・防腐剤
安息香酸、安息香酸塩

・着色料
タール系色素(赤色○号、青色○号など)

全部覚えるのは大変ですし、少しだけ表記の違う類似の成分も沢山あります。これらがひとつも入っていない市販品を探すのも至難の業です。

しかしながら、健康のことを考えるとぜひ1度チェックしていただきたいことです。これを機会に、成分表を見る習慣をつけましょう!

  
参考書籍-「経皮毒」竹内 久米司(著), 稲津 教久 (著)

70

 - シャンプー, 経皮毒 , ,

『シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。 …

子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう
子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう 

よく耳にする病気ではあるけど、どんな病気かよく知らない「子宮内膜症」。 どんなし …

bi_089_01
薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

病院で処方される薬、何の疑いもなく飲んでいませんか? もちろん生活や命を脅かす症 …

有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!
有効成分や植物エキスは、肌の中へしみ込まない!

最近は、コマーシャルであたかも肌の奥へいい成分がしみ込んで届くような表現を多く見 …

もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情
もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情

日本は、水道水がそのまま飲める、世界でもまれにみる水質を誇っています。 が、もう …

消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!
消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

どんなに経皮毒に気をつけても、呼吸することで入ってくる大気汚染や、すべての生き物 …

経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?
経皮吸収は、こんな時にされやすい。注意すべき要素とは?

皮膚の強力なバリアをくぐり抜け、皮膚から浸入する経皮毒。ただし、この経皮吸収は、 …

bi_048_01
環境ホルモンが女性ホルモンのバランスを崩す?

環境ホルモンが女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするということが、近年叫 …

その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう
その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう

妊娠した理由以外で婦人科を訪れることに抵抗がある女性は少なくありません。 恥ずか …

入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点
入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点

経皮毒を吸収しやすい部位があることは、以前にご紹介しました。それだけではなく、経 …