40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!

      2016/11/16

1x1.trans 母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!

お母さんと赤ちゃんを繋ぐ大切な胎盤。赤ちゃんが栄養をもらう胎盤にはバリアー機能があって、化学物質から守られているという考えが、実は間違っていたということがわかってきたそうです。どんな影響があるのでしょうか?

 

実際にあった公害のおはなし

1x1.trans 母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!

1950年代の水俣病、1960年代に起きたサリドマイド事件をご存知でしょうか?水俣病は「メチル水銀」に汚染された魚を食べたことによる脳障害や神経障害、サリドマイド事件とは、妊婦の「つわり」の症状改善のために服用した母親から先天的な手足の奇形児が生まれるという事件です。

胎盤は栄養以外の有害な物質を排除すると考えられていたにもかかわらず、母親の身体を通して赤ちゃんへ影響を与えてしまった例です。

これにより、母親の体内に入った化学物質は、胎盤を通過し、実際に口にした母親以上に影響が出てしまうことが実証されてしまいました。

 

公害だけじゃない!現代の経皮毒

1x1.trans 母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!

現代では、環境ホルモンと言われるものや、日用品の中に、エストロゲン作用を持つ化学物質があることがわかっています。これらが、日頃使っているシャンプーやリンスなどに入っていたらどうなるでしょうか?

産婦人科医の池川医師は、著書「女性を悩ませる経皮毒」の中で、羊水や胎盤、へその緒からダイオキシンやビスフェノールAなどの環境ホルモンが多数検出されていると指摘しています。

大気汚染や食物汚染、日用品による経皮毒によって、少しずつ吸収された環境ホルモンが、赤ちゃんに伝わってしまう危険性は、全くない!とは言えないようです。

 

日用品に気をつけましょう!

大気汚染など環境にも気をつけなければなりませんが、一番身近な日用品に目を向けてみましょう。婦人病やホルモン異常による病気が多くみられる現代では、このように毎日の便利な生活の中にこそ、危険が潜んでいます。毎日使うシャンプーやリンス、洗剤や化粧品などをもう一度よく見直してみましょう。

できる限り化学物質を使用していない日用品を選ぶことで、次の世代の子どもたちを、病気から守ることができるかもしれません。

 

いかがでしたか?女性が化学物質を避けることで、赤ちゃんを守ることができます。今一度、日用品の成分表に目を通して、化学物質の少ないものを選ぶようにしましょう!

28

 - 経皮毒 , , , ,

『母親から胎児へ栄養を運ぶ胎盤は、万能ろ過装置ではなかった?!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

bi_075_01
UVケアと香りケアに潜む経皮毒。ここに注意!

今や光老化は美容の常識となり、一年中紫外線対策をするのは当たり前となりました。 …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …

有害化学物質や経皮毒から身を守るには
有害化学物質や経皮毒から身を守るには

戦後以降に生まれた現代人は、胎児の時に化学物質汚染の影響を受け、生まれながらに婦 …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART1】

皮膚から有毒な化学物質が吸収されてしまうことを「経皮毒」と呼んでいますが、この経 …

更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性

平均年齢で起こってもいろいろな症状を引き起こす閉経ですが、それが若年で起こればそ …

もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情
もはや安全ではない?日本の水道水汚染事情

日本は、水道水がそのまま飲める、世界でもまれにみる水質を誇っています。 が、もう …

シャンプーが婦人病の原因に?
シャンプーから毒が入っていくる?

経皮毒とは、皮膚から有害化学物質を吸収してしまうことです。やっかいなことに、痛み …

経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?
経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?

どんなに気を使って生活しても、現代の日本に住む限り、100%経費毒を排除すること …

bi_081_01
現代人に見られる異常は「継世代毒性」?

母親から子どもへ引き継がれてしまう毒性は、孫の代にまで及んでいます。 特に環境ホ …

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性 …