40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

      2016/11/16

1x1.trans 性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。

「最近の子どもは発育が良い」と喜んでいる場合ではありません。胎児の成長過程のどこかで、環境ホルモンの影響を受けたことが原因ではないかと指摘している人もいるのです。

では、女性の月経異常についてご紹介しましょう。

正常な初潮とは?

1x1.trans 性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
はじめての月経を迎えることを初潮と言いますが、何が通常か明確にしておきましょう。

  • 平均12歳ではじまる
  • 10歳より以前にはじまると「早発月経」
  • 15歳以降にはじまると「遅発月経」
  • 18歳以上ではじまらないと「原発性無月経」

こうして見てみると、以外に正常の範囲は狭いように感じますね。では、中でも性の早熟化についてみていきましょう。

早発月経でおこる不具合

1x1.trans 性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
どうして早発月経がよくないのでしょう?
それは、通常月経開始時期に見られる乳房の発育や陰毛の発生などの二次性徴が早く起こり、身長が急激に伸び始める時期が通常より早くやってきます。

すると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌がはじまり、その作用で骨の成長が阻止されて、身長が伸びずに低身長となってしまうのです。

小学校低学年の時は大きかったのに、高学年から他に追い抜かれ、中学生になった頃にはすっかり小さい方…という子がいませんでしたか?

その子は大抵発達がよく、生理も早く始まった子です。このように、性の早熟化は、身体の成長を止めてしまう可能性があるのです。

原発性無月経について

性の早熟化とは違いますが、18歳を過ぎても月経がはじまらない場合は、

  • 性染色体異常
  • 先天的異常(子宮や卵巣がないなど)
  • 視床下部や脳下垂体の異常
  • 卵巣の異常

などが考えられるので、早く婦人科を受診しましょう。早期治療がカギとなります。

いずれにしても、胎児期になんらかの環境ホルモンの影響を受けた可能性は否定できません。もし将来子どもを望む場合やその子どもの将来を考えたら、なるべく有害物質から遠ざかる生活を目指したいですね!

52

 - 環境ホルモン, 経皮毒 , , ,

『性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう
その月経痛、子宮内膜症かもしれません!婦人科で検査を受けましょう

妊娠した理由以外で婦人科を訪れることに抵抗がある女性は少なくありません。 恥ずか …

コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?
コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?

なんとなく肌によさそうな「コラーゲン」や「ケラチン」。確かに皮膚にコラーゲンは存 …

これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART3~
これだけは知っておきたい!代表的な環境ホルモン~PART3~

知らないうちに、忍び寄る環境ホルモンの影響。病気になってから後悔しても遅いのです …

経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!
経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!

環境ホルモンが、母親から胎児に移行し、その胎児が母親になった時にもその子どもに移 …

入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点
入浴時には経皮毒の危険がいっぱい!気をつけたいこと5点

経皮毒を吸収しやすい部位があることは、以前にご紹介しました。それだけではなく、経 …

シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!
シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!

日本では、ほとんどの女性が毎日髪を洗っていますね。 特に若い頃は1日2回シャンプ …

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性 …

胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】
胎児の時に受ける環境ホルモンが一番危険!【PART1】

母親から子どもへ受け継がれる環境ホルモンの被害のことを「継世代毒性」としてご紹介 …

身近なところに潜む環境ホルモンに注意!
身近なところに潜む環境ホルモンに注意!

そもそも環境ホルモンって何? 体に有害だと言われることが多い「環境ホルモン」 よ …

環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?
環境ホルモンと子宮内膜症の関係とは?

あるアメリカの実験で、子宮内膜症の起こる要因となる衝撃的な事実が明らかになりまし …