40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう

      2016/11/16

1x1.trans 月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう
ほとんどの女性が、生理前になんらかの身体または精神的な変化を感じているのではないでしょうか?

この不快な症状のために、日常生活にも支障をきたすような人もいれば、対人関係を悪化させてしまう人もいるようです。「月経前緊張症(PMS)」のことを知り、その対策をご紹介します。

月経前緊張症(PMS)とは?

1x1.trans 月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう

月経がはじまる3〜10日前あたりから、精神的、または身体的な不調を感じることを「月経前緊張症(PMS)」といいます。

主な症状は、
・イライラ・憂うつ・集中力低下・不安・疲労感・不眠・眠気・下腹痛・腰痛・乳房痛・腹部膨満感・便秘・食欲不振・吐き気・頭痛・めまい・喘息の悪化・皮膚トラブル・むくみ など

こんなにさまざまな症状が挙げられます。
これらは月経がはじまると同時に消えてしまうので月経前緊張症(PMS)と呼ばれていますが、症状が重い人もいます。

月経前緊張症(PMS)の治療法

症状が重い人は、積極的な治療が必要です。

といっても、原因はエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が大きく変化するために起こると考えられているため、治療法はそれぞれの症状に応じた対処療法となります。

例えば、精神的不調には抗うつ剤、痛みには鎮痛剤などです。ホルモン剤による療法やビタミンB6など有効と思われるビタミン剤投与、心理療法などがあります。

月経前緊張症(PMS)を改善するもの

病院に通うほどではなくてもPMSを感じている人はかなりの数います。中でも
・軽い運動
・バランスのよい食事
・規則正しい生活
はとても大切です。食事では積極的にビタミンやミネラルを摂りましょう。

月経前緊張症(PMS)を悪化させてしまうもの

1x1.trans 月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう

逆に症状が悪化してしまうものもあるので注意が必要です。どんなものがあるでしょうか。
・白砂糖
・塩分
・アルコール
・カフェイン
・チョコレート
・食品添加物 など

気をつけてはいても、すべてを排除することが難しい食品添加物ですが、できる限り食事は手作りにし、コンビニ弁当やレトルト食品などを避けることで、避けることができます。

安くて便利な世の中ですが、大切な自分の身体と家族の健康を守るのは、手をかけた丁寧で規則正しい生活だといえます。手間ひまをかけることが、不調改善の早道かもしれませんね!

54

 - 月経, 経皮毒 , , , , ,

『月経前緊張症(PMS)ってなに?知って上手につき合おう』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険
経皮毒は体内に長く残留する!毎日使う日用品の危険

強力な皮膚バリアーを打ち破り、経皮毒は容赦なく体内に侵入してきます。 日用品であ …

卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ
卵子も減少している?早期閉経が増えているワケ

精子の危機は前にも書きましたが、実は男性だけでなく、女性の卵子も減少傾向の可能性 …

bi_089_01
薬に経皮毒物質?必ずある副作用と化学物質に注意!

病院で処方される薬、何の疑いもなく飲んでいませんか? もちろん生活や命を脅かす症 …

経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?
経費毒を身体の外に追い出すには、どうしたらいいの?

どんなに気を使って生活しても、現代の日本に住む限り、100%経費毒を排除すること …

経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?
経皮毒●経皮吸収された化学物質はどうなるの?①

「内分泌攪乱(かくらん)物質」と呼ばれる環境ホルモンは、私たちの身近な製品や食品 …

シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!
シャンプーは経皮吸収されやすいってホント?!

日本では、ほとんどの女性が毎日髪を洗っていますね。 特に若い頃は1日2回シャンプ …

消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!
消費者がかしこく選べば、製品開発にも反映される!

どんなに経皮毒に気をつけても、呼吸することで入ってくる大気汚染や、すべての生き物 …

更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性

平均年齢で起こってもいろいろな症状を引き起こす閉経ですが、それが若年で起こればそ …

bi_081_01
現代人に見られる異常は「継世代毒性」?

母親から子どもへ引き継がれてしまう毒性は、孫の代にまで及んでいます。 特に環境ホ …

ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?
ドライクリーニングや柔軟剤にもダイオキシンが?

経皮毒(皮膚から有害物質が浸透して蓄積すること)の危険性は、毎日使う「洗浄」する …