40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話

      2016/11/16

1x1.trans 女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話
女性ホルモンって、一生のうちにスプーン一杯分しか分泌されないらしいのです。
そんな少量で私たちの心身に大きく関わる女性ホルモンって、一体どんな働きをしているのでしょう?知っておくと、身体の不調にも納得がいくかもしれません。

2種類の女性ホルモン

1x1.trans 女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話
女性ホルモンには2種類あり、それぞれ働きが違います。

その2種類はエストロゲンとプロゲステロン。実は月経や妊娠ばかりに関係しているのではなく、女性の健康と美しさを維持するための重要な働きがあるのです。

この分泌量が低下したり、ホルモンが作用しにくくなったりすると、身体の不調が起こってくるのです。この2つは、相互に関わっているので、バランスが大切です。

エストロゲンって何?

よく耳にするのは、このエストロゲンの方かもしれませんね。卵胞ホルモンとも呼ばれ、生理の終わり頃から分泌量が増え、排卵直前がピークになります。では、主な働きを見てみましょう。

1x1.trans 女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話

  1. 女性らしい丸みを帯びた体型や、きめ細かい美肌、毛髪を成長させるなど、女性特有の組織や細胞の機能を維持します。
  2. カルシウムが流れ出てしまうことを防ぎます。不足すると骨粗鬆症を引き起こしてしまいます。
  3. コレステロールを調節してくれます。
  4. 脳の機能を保ち、自律神経や感情の動きを整えます。

プロゲステロンって何?

黄体ホルモンとも呼ばれるプロゲステロンは、どうでしょう?排卵後に子宮内の環境を整えて妊娠しやすくするので、不妊症に大きく関わっている女性ホルモンです。
主な働きをあげてみましょう。

  1. 脂肪の代謝を促進し、皮脂の分泌を活発にします。
  2. 骨の形成を促進します。
  3. 血糖値のコントロールに有益に働きます。
  4. リラックスさせ、心を静めてくれます。

女性ホルモンは、2つのバランスが何よりも大切です。女性らしさを保つため、若々しさを保つためだけでなく、骨や血糖値、脂肪代謝や抗うつにまで関わっているなんて驚きですね!

56

 - 女性ホルモン, 経皮毒 , , ,

『女性ホルモンってどんな働きをしているの?いまさら聞けない女性ホルモンのお話』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう
子宮内膜症ってどんな病気なの?そのしくみを知りましょう 

よく耳にする病気ではあるけど、どんな病気かよく知らない「子宮内膜症」。 どんなし …

経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!
経皮毒を知って、次の世代を守りましょう!

環境ホルモンが、母親から胎児に移行し、その胎児が母親になった時にもその子どもに移 …

コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?
コラーゲンやケラチンは、肌に塗って栄養になるの?

なんとなく肌によさそうな「コラーゲン」や「ケラチン」。確かに皮膚にコラーゲンは存 …

婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】
婦人病の原因に、経皮毒の可能性?【PART2】

PART1でご紹介したように、経皮毒の危険性は得体が知れないだけに、知らないうち …

あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?
あなたの経費毒危険度チェック!日頃どのくらい意識している?

あなたは普段の生活で、どのくらい経費毒の危険を意識しているでしょうか?決して神経 …

スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ
スローエコロジーのススメ。経費毒に負けない未来へ

米国生殖生理学会評議員や日本薬理学会学術評議員など歴任する稲津教久氏は、数々の著 …

性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?
性の早熟化が世界的にすすんでいる?その理由とは?

世界的に見て、婦人病が増えているのは明確ですが、特に気になるのは性の早熟化です。 …

更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性
更年期障害を快適に過ごすポイントと、予防の重要性

平均年齢で起こってもいろいろな症状を引き起こす閉経ですが、それが若年で起こればそ …

日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?
日用品の経皮毒に注意!経皮吸収率は、身体の部位によって違う!?①

皮膚から有害物質が吸収されてしまうという経皮毒。身体の部位によって、吸収率が違う …

乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。
乳がんの原因に?シャンプーや化粧品の化学物質は脂肪組織に蓄積される。

環境ホルモンが、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っていることは、何度もご …