40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

皮脂は天然のクリーム、理想の化粧品クリームとは?

      2018/08/03

1x1.trans 皮脂は天然のクリーム、理想の化粧品クリームとは?

皮脂には安全な量の界面活性剤が存在しています。驚きですよね!皮脂腺で作られた油脂が皮膚に存在する油脂分解酵素や常在菌によって分解されてできるのが「脂肪酸」と「グリセリン」です。

保湿剤としてたくさんの化粧品にも配合されていますが、理想の化粧品のクリームとはどういったものでしょうか?

化粧品のクリームを分類

ではまず、現在市販されている化粧品のクリームを分類してみましょう。4つに分けることができます。

①コールドクリーム型、乳液=「油+水+界面活性剤」
②バニシングクリーム型、乳液=「脂肪酸+水+界面活性剤」
③両者混合型のクリーム、乳液=「油+脂肪酸+水+界面活性剤」
④無水型のクリーム(マッサージ用、洗顔用)=「油」

さて、では皮脂という天然のクリームは、どれに一番近いでしょうか。

皮脂=「油+脂肪酸+水+モノグリセリド(グリセリンの一種)」

なので、③の混合型クリームと同じ成分ということになります。つまり、化粧品を選ぶ時も、この基本形に近い成分で作られたものが理想的ということですね。

化粧品のクリームは界面活性剤過剰

1x1.trans 皮脂は天然のクリーム、理想の化粧品クリームとは?

皮脂は、上記の基本形に、汗や皮脂から落ちた垢、タンパク、アミノ酸、乳酸、ほこりなどが混ざることで本来の皮脂に似てきますが、これを人工的に作るのは非衛生的になってしまうため、汗である乳酸のかわりに弱酸性化粧品を使って酸度を保持するのです。

この中には界面活性剤も入っていて、乳化を補助しています。皮脂にも界面活性剤が存在すると言いましたが、それはほんのわずかであり、一方化粧品のクリームは界面活性剤が3〜6%と濃度が高すぎます。

理想のクリームとは?

1x1.trans 皮脂は天然のクリーム、理想の化粧品クリームとは?

理想のクリームは、界面活性剤をかろうじて乳化できるだけの濃度にしたものですが、油っぽいクリームは嫌われるため、化粧品メーカーはどうしても合成界面活性剤をたくさん入れ、大量の水が配合されたクリームを作っているのです。

また、油分と水分が分離してしまうことを防ぐ意味もあるようです。肌の新陳代謝のためには、乳化した化粧品でなければいけませんが、合成界面活性剤が多すぎる化粧品には用心しなければいけませんね。

皮脂は敵だと思っていた人も多いと思いますが、実は最高の天然クリームなのですね!
なるべく組成の近い化粧品クリームを選びたいものです。

147

 - 合成界面活性剤 , , ,

『皮脂は天然のクリーム、理想の化粧品クリームとは?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

日用品の合成界面活性剤について
日用品の合成界面活性剤について①

「日用品に注意してください!」と言われても、何に注意したらいいのかよくわかりませ …

安全な洗剤を選んでも、使う時に気をつけたいこと
安全な洗剤を選んでも、使う時に気をつけたいこと

比較的安全性の高い石けんや天然由来の合成洗剤でも、界面活性作用はあります。 それ …

ニキビ用化粧品は、皮膚のバリア機能ををこわす?
ニキビ用化粧品は、皮膚のバリア機能ををこわす?

ティーンエイジャーなどの若い世代が多く使用するニキビ用化粧品。 もちろんこれにも …

生乾きの洗濯物はなぜ臭う?キレイと残留合成界面活性剤の違い
生乾きの洗濯物はなぜ臭う?キレイと残留合成界面活性剤の違い

洗濯して、衣類をキレイにしたつもりが、実はそうではなかったとしたらどうでしょう? …

子どもの肌を、むやみに清潔にしすぎないで!
子どもの肌を、むやみに清潔にしすぎないで!

80%の子どもが、何らかのアレルギーを持っていると言われる昨今、その原因はなんで …

合成界面活性剤と界面活性剤の違い、わかりますか?
合成界面活性剤と界面活性剤の違い、わかりますか?

たびたび合成界面活性剤には有害化学物質が配合されており、皮膚バリアを壊すと書いて …

そのシワやシミだって、合成界面活性剤が原因かも?
そのシワやシミだって、合成界面活性剤が原因かも?

アレルギー性の肌トラブルなら、化粧品や洗浄剤を疑うこともするでしょうが、シミやシ …

石けんの選び方は、成分だけでなく「製造法」も重要なワケ!
石けんの選び方は、成分だけでなく「製造法」も重要なワケ!

合成界面活性剤が危険なので、石けんなら安全だと思い込んではいませんか? 紀元前3 …

日用品の合成界面活性剤について②
日用品の合成界面活性剤について②

①では「陰イオン系」と「陽イオン系」の合成界面活性剤をご紹介しました。 それでわ …

bi_084_01
お口の中に合成界面活性剤?!知らないと怖い歯磨き粉

毎日2〜3回行う歯磨き。歯ブラシに何かつけて磨いていますか? 実は歯磨き粉の中に …