40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

皮脂も天然の界面活性剤で乳化されてる?危険な成分の見分け方

      2018/08/27

1x1.trans 皮脂も天然の界面活性剤で乳化されてる?危険な成分の見分け方

界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせるものであり、これ自体が完全に悪いワケではありません。
しかし、消費者の好みや間違った知識のよって、使い心地の良い商品ばかりを購買するため、危険な成分が含まれたものも多く出回っているのです。

では、危険な化粧品の見分け方はあるのでしょうか?

皮脂はどうやって乳化するか?

1x1.trans 皮脂も天然の界面活性剤で乳化されてる?危険な成分の見分け方

わたしたちが自然に分泌している皮脂も、実は微生物が分解した酸である「モノグリセリド」という界面活性剤で乳化されています。それが天然のクリームとなって、肌を守っているのですね。

しかしながら、この「モノグリセリド」という成分が使われている化粧品なら安全かというと、そう簡単にはいきません。界面活性剤はその濃度が問題になるのです。

理想の界面活性剤濃度は?

油分の入った乳液やクリームを作る時、界面活性剤は欠かせない成分です。ただし、その濃度は「やっと乳化できる」程度が望ましいのです。
なぜなら、顔の皮脂は界面活性剤によって乳化され、たとえば洗顔に使ったとしたら、皮脂は洗い流され拭い去られてしまうことになります。洗い流した後も、界面活性剤が肌に残っていると、さらに皮脂は奪われ、肌の乾燥は一層進んでしまうことになります。

さっぱり系化粧品にはご用心!

1x1.trans 皮脂も天然の界面活性剤で乳化されてる?危険な成分の見分け方

界面活性剤は水と油を混ぜる性質があることを踏まえて、考えてみましょう。最近はさっぱり系の化粧品を好む傾向もあり、また化粧水や美容液など、油脂のない化粧品に配合される界面活性剤はどうでしょうか?

油があれば、界面活性剤はまず油と乳化をするため、顔の皮脂と混ざり合うことが少なくてすみます。ところが、油分のない化粧品は、界面活性剤が反応するものが皮脂しかないため、皮脂をガバッと奪われるというワケです。

どうしても乳液を使いたいけど、界面活性剤の量が気になる場合は、食用油を10〜20%混ぜて使うことをおすすめします。油っぽくはなりますが、界面活性剤の毒性は減少し肌への負担は少なくなります。

界面活性剤がすべてダメということではないのですね。
濃度に気をつけて、気になるようなら油分を自分で足して使ってみるといいでしょう。

155

 - 合成界面活性剤 , , , ,

『皮脂も天然の界面活性剤で乳化されてる?危険な成分の見分け方』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

石けんの選び方は、成分だけでなく「製造法」も重要なワケ!
石けんの選び方は、成分だけでなく「製造法」も重要なワケ!

合成界面活性剤が危険なので、石けんなら安全だと思い込んではいませんか? 紀元前3 …

そのシワやシミだって、合成界面活性剤が原因かも?
そのシワやシミだって、合成界面活性剤が原因かも?

アレルギー性の肌トラブルなら、化粧品や洗浄剤を疑うこともするでしょうが、シミやシ …

合成界面活性剤と界面活性剤の違い、わかりますか?
合成界面活性剤と界面活性剤の違い、わかりますか?

たびたび合成界面活性剤には有害化学物質が配合されており、皮膚バリアを壊すと書いて …

安全なシャンプーって結局どんなシャンプー? 
合成界面活性剤は、有害?無害?国の回答と議論から考えること

硫酸系合成洗剤(アルキルベンゼン)に関する論争は、研究機関と国との間で議論されて …

ニキビ用化粧品は、皮膚のバリア機能ををこわす?
ニキビ用化粧品は、皮膚のバリア機能ををこわす?

ティーンエイジャーなどの若い世代が多く使用するニキビ用化粧品。 もちろんこれにも …

子どもの肌を、むやみに清潔にしすぎないで!
子どもの肌を、むやみに清潔にしすぎないで!

80%の子どもが、何らかのアレルギーを持っていると言われる昨今、その原因はなんで …

日用品に配合される界面活性剤の危険度を知ろう
日用品に配合される界面活性剤の危険度を知ろう

市販されている日用品の中から、どんなものを選べば安全なのでしょう? 成分表を見て …

安全な界面活性剤もある?やさしい界面活性剤探し
安全な界面活性剤もある?やさしい界面活性剤探し

界面活性剤というと、すべてが悪者のように勘違いされることも多くあります。ただ、界 …

実はシャンプーに負けないくらい刺激物だった!リンスの正体とは?
実はシャンプーに負けないくらい刺激物だった!リンスの正体とは?

シャンプーに合成界面活性剤が使われており、強すぎる洗浄力と刺激となる成分が入って …

0df8b87c4f46de2906296a3d08843e1c_s
皮脂は天然のクリーム、理想の化粧品クリームとは?

皮脂には安全な量の界面活性剤が存在しています。驚きですよね!皮脂腺で作られた油脂 …