40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

実はシャンプーに負けないくらい刺激物だった!リンスの正体とは?

      2018/08/15

1x1.trans 実はシャンプーに負けないくらい刺激物だった!リンスの正体とは?

シャンプーに合成界面活性剤が使われており、強すぎる洗浄力と刺激となる成分が入っていることは、よく知られるようになってきました。

ところが、リンスやトリートメントのことはあまり知らないのが現状。実は、シャンプーに負けずとも劣らぬ界面活性剤が使われていて、しかも頭皮や皮膚に直接つくとあまりよくないのです。その理由をご紹介しましょう。

リンス・トリートメントの成分

1x1.trans 実はシャンプーに負けないくらい刺激物だった!リンスの正体とは?

リンスはシャンプー後に使うもので、ツヤやうるおいを与え、くし通りをよくするものですね。最近は香り優先のリンスも数多くあり、シャンプーに負けないほどの頭皮やお肌の刺激になる成分が配合されているのです。

それが、カチオン界面活性剤(陽イオン系)と言われるものです。プラスイオンをもっているため、シャンプー後のマイナス状態の毛髪に吸着して、髪がしっとりさらさらになります。
また、静電気の発生を防ぐ役割もあり、使わないと髪がキシキシしてしまいますよね。しかし、頭皮や皮膚に直接付くと、かなりの刺激を与えてしまいます。

リンス・トリートメントの害

もともと、リンスやトリートメントは「頭皮や皮膚につかないように」使うものです。毛髪のみに付ければいいのですが、洗い流す際などにどうしても身体の皮膚についたりしますよね。その吸着が強い性質から、一度つくと皮膚に残留しやすく、当然のことながら経費毒の害にさらされます。タンパク変性を起こしてかゆみや肌荒れを起こすことも。

シャンプーに配合されるアニオン界面活性剤より殺菌力が強く、ヨーロッパでは目的や用途ごとに配合の上限が決められるほど強力なのです。

リンス・トリートメント使用時の注意点

1x1.trans 実はシャンプーに負けないくらい刺激物だった!リンスの正体とは?

リンスを使う時は、必ず毛先だけに使い、洗い流す時も首や顔、背中などの皮膚につかないよう、十分に気をつけましょう。香りを残そうと、十分にすすがない人もいるようですが、リンスの残留した髪が顔や首筋に触れることで、肌荒れやかゆみを引き起こす可能性があります。敏感肌の人は特に気をつけましょう。

リンスはなんとなくマイルドだと思っている人は、リンスも同じように界面活性剤が使われていることを知り、危険だということを覚えていてくださいね!

151

 - 合成界面活性剤 , , ,

『実はシャンプーに負けないくらい刺激物だった!リンスの正体とは?』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

bi_084_01
お口の中に合成界面活性剤?!知らないと怖い歯磨き粉

毎日2〜3回行う歯磨き。歯ブラシに何かつけて磨いていますか? 実は歯磨き粉の中に …

ニキビ用化粧品は、皮膚のバリア機能ををこわす?
ニキビ用化粧品は、皮膚のバリア機能ををこわす?

ティーンエイジャーなどの若い世代が多く使用するニキビ用化粧品。 もちろんこれにも …

そのシワやシミだって、合成界面活性剤が原因かも?
そのシワやシミだって、合成界面活性剤が原因かも?

アレルギー性の肌トラブルなら、化粧品や洗浄剤を疑うこともするでしょうが、シミやシ …

皮脂も天然の界面活性剤で乳化されてる?危険な成分の見分け方
皮脂も天然の界面活性剤で乳化されてる?危険な成分の見分け方

界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせるものであり、これ自体が完全に悪いワケではあり …

0df8b87c4f46de2906296a3d08843e1c_s
皮脂は天然のクリーム、理想の化粧品クリームとは?

皮脂には安全な量の界面活性剤が存在しています。驚きですよね!皮脂腺で作られた油脂 …

生乾きの洗濯物はなぜ臭う?キレイと残留合成界面活性剤の違い
生乾きの洗濯物はなぜ臭う?キレイと残留合成界面活性剤の違い

洗濯して、衣類をキレイにしたつもりが、実はそうではなかったとしたらどうでしょう? …

安全なシャンプーって結局どんなシャンプー? 
合成界面活性剤は、有害?無害?国の回答と議論から考えること

硫酸系合成洗剤(アルキルベンゼン)に関する論争は、研究機関と国との間で議論されて …

石けんの選び方は、成分だけでなく「製造法」も重要なワケ!
石けんの選び方は、成分だけでなく「製造法」も重要なワケ!

合成界面活性剤が危険なので、石けんなら安全だと思い込んではいませんか? 紀元前3 …

bi_028_01
すぐに効果のある化粧品に注意!逆に老化を早めるかも?

キレイになるために使う化粧品。効果があったと思っていたのに、とんでもないからくり …

日用品に配合される界面活性剤の危険度を知ろう
日用品に配合される界面活性剤の危険度を知ろう

市販されている日用品の中から、どんなものを選べば安全なのでしょう? 成分表を見て …