40代女性の為に、日常的に使うシャンプーだからこそ安心できるシャンプーを使ってもらいたい

~頭皮も顔の一部です~安心・安全 ・本当の無添加、ケミカルゼロシャンプーの情報サイトです。

*

石けんの選び方は、成分だけでなく「製造法」も重要なワケ!

      2018/08/21

1x1.trans 石けんの選び方は、成分だけでなく「製造法」も重要なワケ!

合成界面活性剤が危険なので、石けんなら安全だと思い込んではいませんか?

紀元前3000年には使われていたという、長い長い歴史を持つ石けんですが、これも立派な界面活性剤であることは間違いありません。実はその製法によって、肌に刺激となる危険性があるのです。

安全な石けんは作り方にあり?!

1x1.trans 石けんの選び方は、成分だけでなく「製造法」も重要なワケ!

そもそも界面活性剤の「界面」とは、水と油のように、混じり合わない液体と液体の境目のことです。本来分離する性質のものを、活性化してつなぎとめる=混ぜ合わせるのが、界面活性剤です。

紀元前の石けんは、灰汁とソーダが使われていたそうです。現在でも、石けん作りには油脂と「カセイソーダ」というものが使われますが、これは劇薬に指定されている薬品です。石けんを作る際、このカセイソーダを残留させないことが、安全な石けん作りなのです。

現代の大量生産石けんに注意!

1x1.trans 石けんの選び方は、成分だけでなく「製造法」も重要なワケ!

石けんは、基本的に油脂とカセイソーダを反応させて作ります。前述したように、カセイソーダは劇薬ですから、油脂と反応せずに残ったカセイソーダが、石けんにそのまま残っていたら肌荒れなどの問題が起こる可能性があります。

現在は石けんも大量生産されるため、石けんを作る時、じっくり熟成させたり、乾燥させたりということを機械で強制的に行うことがあります。そうすると、カセイソーダの残留物である「遊離アルカリ」が石けんに含まれてしまい、肌荒れなどのトラブルを起こしてしまいます。

オススメの石けん製造法

石けんを選ぶ時に頭に入れておいていただきたいのは、成分だけではありません。カセイソーダの残留物がない製造法もしっかりとチェックしてください。

オススメなのは、石けん素地を大きな枠の中に流し込み、長時間かけて冷やし固め、適当な大きさに切断して自然乾燥させて作る「枠練り方」です。自然乾燥に2ヶ月以上かけているものは、遊離アルカリの量が格段に少なくなりますので、参考にしてみてください。

石けんは成分だけでなく、製造法にも着目して選びましょう!作るのに時間がかかるため、割高かもしれませんが、安全性は高くなります。

153

 - 合成界面活性剤 , ,

『石けんの選び方は、成分だけでなく「製造法」も重要なワケ!』について、多くの人に知って欲しいです

あなたの「いいね!」から共感の輪が広がり、みんなの「いいね!」が社会に反映されると、とても嬉しいです。情報の拡散にご協力をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

日用品の合成界面活性剤について
日用品の合成界面活性剤について①

「日用品に注意してください!」と言われても、何に注意したらいいのかよくわかりませ …

bi_028_01
すぐに効果のある化粧品に注意!逆に老化を早めるかも?

キレイになるために使う化粧品。効果があったと思っていたのに、とんでもないからくり …

bi_084_01
お口の中に合成界面活性剤?!知らないと怖い歯磨き粉

毎日2〜3回行う歯磨き。歯ブラシに何かつけて磨いていますか? 実は歯磨き粉の中に …

ニキビ用化粧品は、皮膚のバリア機能ををこわす?
ニキビ用化粧品は、皮膚のバリア機能ををこわす?

ティーンエイジャーなどの若い世代が多く使用するニキビ用化粧品。 もちろんこれにも …

水が気持ちよく、油分が気持ち悪いと感じるカラクリ
水が気持ちよく、油分が気持ち悪いと感じるカラクリ

化粧品の広告では、「ベタつかないのに、しっとり」という売り文句をよく耳にしますね …

そのシワやシミだって、合成界面活性剤が原因かも?
そのシワやシミだって、合成界面活性剤が原因かも?

アレルギー性の肌トラブルなら、化粧品や洗浄剤を疑うこともするでしょうが、シミやシ …

日用品に配合される界面活性剤の危険度を知ろう
日用品に配合される界面活性剤の危険度を知ろう

市販されている日用品の中から、どんなものを選べば安全なのでしょう? 成分表を見て …

0df8b87c4f46de2906296a3d08843e1c_s
皮脂は天然のクリーム、理想の化粧品クリームとは?

皮脂には安全な量の界面活性剤が存在しています。驚きですよね!皮脂腺で作られた油脂 …

安全な洗剤を選んでも、使う時に気をつけたいこと
安全な洗剤を選んでも、使う時に気をつけたいこと

比較的安全性の高い石けんや天然由来の合成洗剤でも、界面活性作用はあります。 それ …

安全なシャンプーって結局どんなシャンプー? 
合成界面活性剤は、有害?無害?国の回答と議論から考えること

硫酸系合成洗剤(アルキルベンゼン)に関する論争は、研究機関と国との間で議論されて …